レーザー脱毛機の性能で選べば失敗しない医療脱毛

医療脱毛おすすめ

医療レーザー脱毛機(ダイオードレーザー、ヤグレーザー、・アレキサンドライトレーザー)の効果
種類と性能を比較!

医療レーザー脱毛機で何が違うのかを検証?

医療脱毛クリニック選びはレーザー脱毛機の性能で選べば失敗しない

全身脱毛したい
産毛、顔脱毛、vio脱毛も考えているんだけれど・・・

どの医療脱毛クリニックで施術するのがいいのか!?」迷っている、お悩みの方は
そのクリニックが使っている脱毛マシンに注目して選んでみてはどうでしょうか。

脱毛効果が高く痛みは少なく、その上美肌まで手に入れる脱毛マシンがあれば・・・
それは理想ですが・・・

あなたの肌質に一番あった医療レーザー脱毛機を選ぶのがベスト」。

ゆえに、1つの脱毛マシンだけではなく、数種類ある脱毛機を使っている医療脱毛クリニックがあなたの肌質に合う可能性が高く効果も期待出来るでしょう。

総合的な判断では
おすすめの医療レーザー脱毛機
蓄熱式ダイオードレーザーですが
導入されているのクリニックが少ないデメリットがあります。

ダイオードレーザーはメリットは多いです
毛以外のメラニン色素に反応しないので色黒肌、日焼け肌でも肌に安心で、うぶ毛、白髪、金髪等の処理も可能。

顔脱毛にも適したレーザーと言えます。

そして毛周期に関係なく脱毛できるので全身脱毛が早い。5~6か月で終われる。

ダイオードレーザーを使用しているクリニック
東京脱毛(TDC)クリニック、梅田ビューティークリニック、京都ビューティークリニックです。料金も安く、女性の肌ケアにも力を入れています。

東京脱毛(TDC)クリニックは複数レーザー脱毛マシン使用

東京脱毛(TDC)クリニックは3つの脱毛機を導入しており
・ダイオードレーザー
・ヤグレーザー
・アレキサンドライトレーザー

言い換えると・・・
あなたがどんな肌質(色黒肌、日焼け肌、アトピー乾燥肌、敏感肌)でも対応できるということです。
毛の質が薄くても、濃い毛、太い毛、産毛、顔の毛でもレーザーの種類を変えることで全身脱毛が可能だということ。

◎(TDC)ならあなたもそれほど悩むことなく脱毛できるでしょう。

脱毛料金も安いし、VIO脱毛も顔脱毛も東京では断トツに安いです。
難点は拠点が東京しかないことぐらいか・・・ないですね。

1機種で多機能のレーザー脱毛マシン使用
メラニンに選択的に吸収されるGentle LASEアレキサンドライトレーザーと、
皮膚の深い所まで届き、毛細血管にも作用するGentle YAGレーザーの2種類のレーザーが搭載された

高性能なレーザー脱毛機を採用していますから
2種類のレーザーが搭載された優れものです。

色白の方に反応しやすく脱毛が出来るアレキサンドライトレーザーと、色黒の方にも対応できるYAGレーザーを1台で備えています。

色黒肌や日焼肌の場合や、肌に黒ずみや色素沈着が多くある場合などは、アレキサンドライトレーザーによる医療脱毛ができない可能性があります。

また、うぶ毛などの色素が薄い部分にはレーザー光が反応しにくく、あまり医療脱毛の効果が発揮されないといったデメリットがあります。

ソプラノアイスプラチナム
東京脱毛(TDC)クリニック脱毛器
ダイオードレーザーを使用した医療脱毛機。近年最も新しく開発され導入している医療クリニックでは高い注目を集めています。

最大の特徴は、毛包と呼ばれる皮膚の一部に
ダメージを与えて脱毛効果を発揮させるということ。

レーザーが毛根を無視することができるので、
毛周期に関係なく脱毛可能なので照射期間が短くできる。

通常は毛周期の関係で2か月に1回の脱毛施術が
⇒1か月1回の脱毛施術が可能

最短8か月だったものが
⇒5か月~半年で全身脱毛が完了します。

そして東京脱毛(TDC)クリニックでは美肌、女子にはうれしい
肌ケアにも力を入れています

施術後の肌にたっぷり保湿ケアを行ってくれますのでデリケートな肌の方でも安心です。

医療レーザー脱毛マシンのまとめ

結局、どの医療レーザー脱毛マシンがいいのか?って話ですが
どのレザー脱毛マシンも脱毛効果や副作用などの一長一短がありますが・・・

一番のおすすめの医療レーザー脱毛機は蓄熱式ダイオードレーザーですが
導入されているのが少ないのが残念。

顔脱毛(うぶ毛)もしたい方、色黒・日焼け・アトピー乾燥肌・敏感肌の方は
⇒ダイオードレーザー
⇒ヤグレーザー

※ダイオードレーザーとヤグレーザー違いはスピードの差
ダイオードレーザーがかなり速い

脱毛効果と美肌効果を手に入れたい方は
⇒アレキサンドライトレーザー

☆一般的に使われているのがアレキサンドライトレーザーです。

◎最大のメリットは脱毛効果と美肌効果です。

メラニンに反応するのでどちらかと言えば剛毛、太い毛、濃い毛の脱毛に向いている
施術の痛みが多少ある
副作用リスク(火傷・毛嚢炎・打ち漏れ)の可能性もある。
美容効果◎

★蓄熱式ダイオードレーザー(高価で設置しているところが少ない)
火傷・毛嚢炎・打ち漏れなど、様々なリスクをバランスよく軽減。
うぶ毛や色素の薄い毛、白髪、金髪等にも対応可能
毛周期に関係なく脱毛できるので全身脱毛が完了するのが早い。5~6か月で終われる。
施術の痛みが少ない
美容効果△

☆ヤグレーザー
火傷・毛嚢炎・打ち漏れなど、様々なリスクをバランスよく軽減。
うぶ毛や色素の薄い毛、白髪、金髪等にも対応可能
施術の痛みが少ない 
美容効果〇

医療レーザー脱毛機の種類と特徴・効果

医療レーザー脱毛機での施術は現在では痛みを軽減するシステムを搭載しています。
しかしどの機種でもどうしても多少の痛みを伴います。

「痛みがない」という表現は無理があります。

★ダイオードレーザーは、
施術の痛みが少ないことや、肌質や毛質を気にせず様々な人に使えることから、近年注目を集めている医療レーザー脱毛マシンです。

【アレキサンドライトレーザー】一般的な脱毛機
アレキサンドライトという希少な宝石を使用しメラニン色素に反応する。
皮膚を冷却しながら脱毛するので照射時ジェルを使用しなくてもよい。

ジェントルレーズプロに搭載されているアレキサンドライトレーザーは、 メラニン(黒い部分)に強く反応するので、濃くて太い毛の脱毛が可能です。

脇やVIOなどのはっきりとした体毛、黒々とした剛毛の脱毛に適している

【熱破壊式ダイオードレーザー】
毛根細胞に熱を直接加え、破壊することで効果を得ています。
皮膚面を接触冷却しながら照射する。
高い出力でうぶ毛や色素の薄い毛にも対応可能。

広い照射口を持つハンドピースで火傷・毛嚢炎・打ち漏れなど、様々なリスクをバランスよく軽減することができます。

【蓄熱式ダイオードレーザー】808nmと940nmの波長の違う
ダイオードレーザーを同時に使用し、肌全体に蓄熱させることで「バルジ」といわれる発毛因子を破壊し、毛の再生を防ぐことで脱毛。

「バルジ領域」を破壊する蓄熱式の脱毛法を採用することで
痛みを軽減することができます。

【熱破壊式ヤグレーザー】
毛根細胞に熱を直接加え破壊する。
メラニン色素への反応度が比較的小さいので
日焼け肌や色素の濃い部位に使用される事が多いレーザー。

波長の長いレーザーを使うことで、
マイルドな光線がより肌の奥まで届くので、色黒の肌や色素沈着した部位などへの照射の際に火傷や毛嚢炎のリスクを軽減することができます。

アレキサンドライトレーザーの医療脱毛のメリット

〇アレキサンドライトレーザーは脱毛効果のみでなく美容効果が期待できる

メラニン色素は毛だけでなく、シミがある肌などにも含まれているため、メラニン色素に反応するアレキサンドライトレーザーは、美容皮膚科や形成外科でシミ取りに使用されることもあります。

また、医療レーザー照射時、肌が刺激されるときにコラーゲンが生成されることがあり、美容効果が期待できることも特長です。

脱毛効果とともに美容効果が期待されており、脱毛しながら肌を美しく改善できる。

脱毛時に冷却装置で炎症や痛みを抑えることができる

アレキサンドライトレーザーは、
強力な皮膚冷却装置を装備していることがあり、その場合は肌トラブルや肌へのダメージを軽減させることが期待できます。

しかし、高出力の医療レーザー脱毛機器を利用すると、やけどや炎症などの肌トラブルを起こす可能性が高くなり、肌を傷めてしまうかもしれません。

アレキサンドライトレーザーの医療脱毛のデメリット

医療レーザー照射時に痛みを伴うのですが最近はそれも改良されつつあり
痛み自体は少なく抑えられているのが特徴です。

医療レーザー照射時に、毛の黒い部分(メラニン色素の部分)に反応しますが、うぶ毛などの色素が薄い部分にはレーザー光が反応しにくく、あまり効果が期待できません。

又日焼けしている人には医療レーザー照射できない可能性が高い

うぶ毛は反応しない。(顔脱毛・うなじ脱毛には向いていない)
うぶ毛などの色素が薄い脱毛部位には効果があまりない

どの医療レーザー脱毛マシンでも言えることですが
レーザー照射時にやはり多かれ少なかれ痛みを伴います。

また、特に毛の濃い脱毛部分(VIO ワキ)は痛みが増すことがあるので、
特に肌が弱い痛みに弱い人には、アレキサンドライトレーザーによる医療レーザー脱毛を避けた方が良いかもしれません。

アレキサンドライトレーザーは日焼け肌はダメ
毛以外の濃い色素に反応してレーザー照射してしまう可能性があるため、色黒肌や日焼け肌の場合や、肌に黒ずみや色素沈着が多くある場合などは、医療脱毛ができない可能性があります。

全身脱毛・うぶ毛(顔)脱毛したい場合・・・ダイオードレーザー(色黒・日焼け肌でも〇)
毛が濃い人(全身脱毛)の場合・・・アレキサンドライトレーザー

ダイオードレーザーの特徴とメリット

ダイオードレーザー特徴として、
幅広い毛質や肌質に使用可能なので万能型と言える。

近赤外線によるレーザー照射で医療脱毛する機器で、
アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーと比較すると、色々な脱毛部位に対応できる医療脱毛マシンと言えます。

ダイオードレーザーには高出力で集中的にレーザー照射するショット式と、低出力の熱を連続でレーザー照射することで、じわりじわりとダメージを与えていく蓄熱式の二種類の方式があります。

ダイオードレーザーの医療脱毛のメリット
剛毛、濃い毛に対応できる肌質や毛質を気にせず使える

ダイオードレーザーは、毛以外のメラニン色素に反応しないので日焼け肌でも安心で、うぶ毛、白髪、金髪等の処理も可能です。


医療レーザー照射範囲が比較的広く出力も高いので
アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーよりも、より短時間での施術が可能になります。

ダイオードレーザーの医療脱毛のデメリット

他の医療レーザー脱毛機器のような劇的な脱毛効果が期待できない

ダイオードレーザーは痛みも少なく、脱毛施術完了時に効果が期待できますが、脱毛途中の毛質の変化は、アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーのほうがはっきりしやすいでしょう。

美容効果については期待できない。

痛みを感じる人や痛む脱毛部位があるということ

比較的痛みが少ない医療レーザー脱毛機器とは言われていますが、デリケートなVIOなどでは痛む人が多く、痛みが全くないとは言い切れません。

剛毛・毛が濃い人にも最適!ヤグレーザーの特徴

ヤグレーザーは、アレキサンドライトレーザーと同じように、メラニン色素に反応して照射をする医療レーザー脱毛マシンです。

ただし、ヤグレーザーはアレキサンドライトレーザーよりも肌の奥深くまでレーザー照射できるので、剛毛や深いところから生えている毛にもしっかりアプローチされます。

ヤグレーザー最大のメリットは剛毛、毛が濃い人、毛が太い人にも効果が期待できること
アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーで医療脱毛が難しかった部分も、ヤグレーザーであれば医療脱毛できる可能性が高いです。

◎日焼け肌や色素沈着している肌でも施術可能

日焼けや、ニキビ跡からなる色素沈着などが起こるのは、
肌の表層部分であるため、ヤグレーザーのレーザー光の影響は受けないので、日焼け肌や色素沈着している肌でも施術することができます。

ヤグレーザーでの医療脱毛のデメリット

とにかく医療レーザー照射時に痛みが強いということ

医療レーザー脱毛機器の中で、
ヤグレーザーが最も痛いと言われています。

ただし麻酔などで痛みを軽減する方法はありますが、強い痛みが苦手だという人にはヤグレーザーをおすすめできません。

又炎症、やけど、肌の赤みなど肌トラブルを起こしてしまう可能性があります

ヤグレーザーは脱毛効果は大きいが痛みが強いということを知っておきましょう。

ダイオードレーザーで医療脱毛できるクリニック

東京脱毛(TDC)クリニックはこちら
東京の全身医療脱毛 渋谷・恵比寿・表参道で最安値▼

京都ビューティークリニックはこちら
大阪の高槻、吹田、滋賀県でおすすめの医療脱毛はこちらが便利▼

梅田ビューティークリニックはこちら
大阪の東梅田、心斎橋、奈良でのおすすめ医療脱毛はこちらが便利▼

医療全身脱毛の効果が高い・値段が安いランキング


医療で全身脱毛、他のクリニックに比べて料金が安く(全身脱毛5回で20万円以下)お得感があるランキング、全身医療脱毛大阪・西梅田・北新地駅で最安値の
梅田・京都ビューティークリニック、総合的にバランスが良いレジーナクリニック。東京・全身医療脱毛 渋谷・恵比寿・表参道で最安値の東京脱毛TDCクリック。

梅田ビューティークリニック

京都・滋賀県でおすすめ全身医療脱毛クリニック
>>京都ビューティークリニック




梅田ビューティークリニック

顔脱毛も低料金で出来ます
お家にいたままでオンラインカウンセリングできるので大変便利
最新脱毛2種類マシンで日焼け、アトピー乾燥肌、敏感肌でも大丈夫。

両ひじ上、両ひじ下、両ワキ、胸、乳輪まわり、お腹、へそ回り、ヒップ
背中、腰、両手指甲、両膝上、ひざ、ひざ下、両足指甲
これ、ぜーんぶで96,000円です。

料金 VIO脱毛 5回 50,000円
   顔脱毛 5回 50,000円 (首も含む)
VIO+顔脱毛 5回 90,000円

◎全身脱毛+VIO+顔脱毛全部しても186,000円なので破格だと思います。

最大のおすすめポイント
腕や足など見えるとこだけ全身医療脱毛5回33,000円 ←学生オススメ

>>梅田ビューティークリニック

京都・滋賀県でおすすめ全身医療脱毛クリニック
>>京都ビューティークリニック


2RANK
>東京脱毛(TDC)クリニック<


東京脱毛(TDC)クリニック
1回の通院で全身1回分の脱毛が可能

顔とVIOを除く全身脱毛の場合、施術時間はおよそ1時間
料金
VIO脱毛    5回 55,000円
顔脱毛     5回 55,000円
手足の甲脱毛 5回 55,000円

両ひじ上、両ひじ下、両ワキ、胸、乳輪まわり、お腹、へそ回り、ヒップ
背中、腰、両手指甲、両膝上、ひざ、ひざ下、両足指甲

全身脱毛123,000円です。

>東京脱毛(TDC)クリニック<


3RANK
>>レジーナクリニック


レジーナクリニック
顔脱毛もできる

全身脱毛ライト(全身脱毛5回) 189,000円(税別)
全身脱毛+VIO(VIOを含む全身脱毛5回) 273,000円(税別)
全身脱毛+顔(顔を含む全身脱毛5回) 285,000円(税別)
VIO5回コース          84,000円(税別)
顔脱毛5回コース          96,000円(税別)

>>レジーナクリニック